Home > 22万円の節約生活家計簿TOP > 節約・暮らし | 節約生活 > 節約生活のきっかけ

節約生活のきっかけ

もともと持っていたら全部使ってしまうタイプなので
私はお給料からまず貯金をしている。
でも、そのお給料もうちの場合は歩合の部分が多くて
安定しないのです。(ToT)
なので貯金の額をいくらって決めてしまうと
毎月の生活費がすごく変動してしまう。

だから毎月22万円でやりくりすると決めて
残りを貯金している。

この22万円が多いのか少ないのかは
とらえ方は住んでいる地域によって違うんだろうなぁ。。

私は30代になって東京から岡山に越してきた。
それまで主人もあたしも東京以外に住んだ事のない
根っからの東京人だ。

20代後半では二人で70万以上のお給料をとっていた。
駐車場込みで家賃が20万円もする3LDKのマンションを
平気で借りて住んでいた。

兼業主婦だからしゃーないと、
疲れているから、
今日は遅くなってしまったからと、
何かと理由をつけて
子供を保育園に迎えにいってそのままレストランへ
なんて事もしょっちゅう!

その結果貯金なんてほとんどなかった。

そんな時岡山行きの話が・・・
一階が店、2階が住まい、
家賃・光熱費は会社もち、給料は二人で60万やる。
という条件に飛びついた。

東京では夜遅くまで当時小学生の子供たちを二人きりで
留守番させたりしてたから
職場の2階が住まいっていうのがすごくうれしかった。

これならちょこっと手がすいた時に
子供の様子も見れるし安心だ!

浪費癖はそれほど直らなかったけど
毎日が忙しすぎて
お金を使う暇もなく
どんどん貯金が貯まっていった。

そう、ためた場所が悪かった。。
本サイトのプロフィール見た方は知っていると思うけど
会社で貯金してもらっていたのだ。

ある日突然会社が倒産。
住まいと仕事と貯金が一辺になくなった。

こんな事があっていいのか。。。
仕事がないとお部屋借りれないのよ。
それに、お金も借りれない。
東京に帰りたくても帰るお金がない。

正直、このまま4人でホームレスに
なってしまうのかと思ったくらいだ。

何とか個人の大家さんが古いおうちを貸してくれた。
入居手続きをして手元に残ったお金は2万円だった。

取り合えず日払いしてくれる仕事を探さなくては・・・

交通誘導の警備会社に二人で入った。

時期は1月、本当に辛い仕事だった。
寒くて辛くて涙を流しながら旗振っていた。
それでも日給7,000円。

冷え性のあたしは1ヶ月で挫折しパパだけ残った。

そのあとあたしはスーパーのレジ打ちなどやってみたけど
時給680円で7時間しか働けない。
一日5,000円も稼げない事への不満と
人間関係のごちゃごちゃと持病の腰痛も辛く、
毎日イライラ。。。

そして主人の病気発覚。

でも、この時期にあたしと主人の辞書に「節約」という文字が
やっと入ってきたのだ。

よく考えれば田舎は賃金は安いけど家賃も安い。
無駄を省いて生活すれば何とかなるんではないか。。。
いや何とかするっきゃない!

ここから始まっているので
私の節約は
「このお金で何とかする!」が基本になっています。

今月は(も?)ややピンチだけど
22万円で生活頑張るぞ!

皆さんの節約のきっかけはどんなですか?

Home > 22万円の節約生活家計簿TOP > 節約・暮らし | 節約生活 > 節約生活のきっかけ

Search
Feeds

Return to page top