+HOME+ 40代主婦の暮らしレシピ~Like3.net~  金銭消費貸借契約 - 中古マンション購入体験記

Home > 中古マンション購入体験記TOP > 購入手続き~引渡しまで > 金銭消費貸借契約

金銭消費貸借契約

金銭消費貸借契約してきました。(※金銭消費貸借契約とは

とにかく書く書類がいっぱいで、普段キーボードばかりの私は指が疲れました_| ̄|○

仲介業者のSさんに言われてこの日午前中に住民票を移動して新しい住所で印鑑証明や住民票をとってきました。

金銭消費貸借契約 自体は、仲介業者Sさんの立会いの元、銀行で30~40分くらいで終了。

これで、あとは数日後に融資を受けて、決済をして、アチコチに払うべきお金を払って晴れて自分たちのものになるわけです。

例えば、

物件代金と、日割り計算の固定資産税(公租公課精算金)、管理費などの精算金    ⇒ 売主さん(うちの場合売主さんの債権者さんへも)。

仲介手数料 ⇒ 仲介業者さん

登記諸費用 ⇒ 司法書士さん

ローン諸費用 ⇒ 銀行

火災保険料 ⇒ 保険代理店


という感じで、アチコチにお金を振り分けるんだそうです。

また決済が済みましたら細かい金額の内訳など報告しますね!


決済日の数日前に行う、金銭消費貸借契約なんですが、住民票の移動を済ませないと出来ないそうです。
我が家の息子はあと数日で公立中学卒業なので、本当は卒業式が済んでからにしたかったんだけど、そうもいかないようでした。

でも、教育委員会はそのまま通学で認めてくれたのでよかった。

これからリフォームなので、引越しまではまだ1ヵ月以上ある予定なのに、もう既に住民票は新住所に移っていて変な感じです。

それにまだ現在の借家の大家さんにも何も言ってないの^^

出るときは1ヶ月以上前に報告する義務があるので今月中には言わないとね!
(4月分までは家賃を払うことになります。)

さぁ、決済がすんだらリフォームの打ち合わせや引越しの準備で忙しくなりそう!
今のうちに出来る事からやっておかなければ。

⇒ 住まい・不動産ランキングも見てね!




Home > 中古マンション購入体験記TOP > 購入手続き~引渡しまで > 金銭消費貸借契約

Search
Feeds

Return to page top